表札について語る

表札で運気UP!

 

  家相学で運気UP

家相学的に見た場合、一番多く開閉する場所で、気の流れにおいて非常に重要な要素に玄関があります。表札はそんな重要な玄関に掲げるものですからなるべく吉相のものを選びたいですよね。昔から「表札のない家は滅ぶ」とも言われています。

形は長方形が基本となり、自然の素材、特に木(理想は国産天然銘木)を良しとします。家相では、自然の環境に順応調和することが大切だからです。人工素材であるプラスティック製品とか石質の表札は、家相的には良くありません。開運を第一に考えるなら避けるべきでしょう。

そしてその木にも質によっていろいろランクがあります。縁起がよいとされる素材に、檜、イチイなどがありますがイチイは非常に希少なもので入手は困難になっています。

書体も楷書・行書・草書・隷書等いろいろな書体が選べますが、一番良い書体は、楷書と行書をミックスした最大吉の書体である楷行書です。書き方は姓だけ、家長の姓名だけ、家族全員などいろいろありますがどの書き方でもとくに問題はないようです。

表札を掲げる場所は家の中から見て左側の目線よりやや高めの一間(約1.8m)の高さがよいとされます。方位学では左が陽(プラスの気)、右が陰(マイナスの気)とされるからです。

天然銘木はいずれ交換が必要になります。目安は10年といわれていますが汚れや破損の際はその限りではありません。直射日光にさらされる場所であれば5年程度だと言われています。「縁起物だから」とそのままではなく、むしろ神社などでお炊きして新たなものに交換するのが正しい扱い方でしょう。

 

  風水で運気UP

家相学、方位学と同様に今は風水を住まいに取り入れている方も多いのではないでしょうか。それほど風水に詳しくない管理人は「金運には黄色がいい」ぐらいしか知らなかったのですが(笑;)、表札にも運気を呼ぶものがあるそうです。

まず、これは家相学と同様ですが、とにかく必ず玄関には表札をつけること、これは必須です。たとえ一人暮らしであっても!です。表札がない家は運気も入ってきにくく、家・家族全員の運気が下がってしまいます。

風水的に見ると「人が住んでいない」「その家の主人が不在」という意味になるので、どんなに部屋を掃除しても運気が入って来ないって事になってしまいます。まずは表札をつけることは大前提なのです。

風水的に運気を下げてしまうのは黒い色のもの、素材は石製のものです。逆によい色は男性がいる家なら白系。女性だけの場合は白、ピンク系でもOKです。素材は木がよいのは家相学と同様ですが、白やピンクならタイルでもいいようです。そしてかかげた表札は埃や汚れがつかないようにマメに拭いてあげましょう。

風水で、表札を作る際に一番してはいけないこと。それは「彫る」ことです。彫るのは、お墓です。昔ながらの表札は、漆などで盛り上げて作ってあります。これは“運を盛り上げる”という意味があるようですね。「表札を彫る」という言葉は縁起が悪いと言われています。私も結構何気なく使っていたような気がします。以後気をつけます。まず洋風の家で北・東南・南・南西・北西の玄関なら玄関向かって右、東北・東・西の玄関なら玄関向かって左になります。そして和風の引き戸の玄関なら引き戸上の真ん中に配置します。

全てを満たすのは難しいかもしれませんが、ぜひ参考までに。。。

注目サイト

タグホイヤー 買取

Last update:2017/1/13